花嫁の手紙―書き方と文例集―
両親への感謝状
式場・店舗でご覧いただいた方は
そちらでお求めください
“花嫁の手紙”の書き方って何?

もし「“花嫁の手紙”の上手な書き方はありますか?」と聞かれたら「逆に教えてください」とお答えすると思います。
この企画を進めるに当たって、誰もが簡単に作れ、且つ感動する素敵な文例を探し求めました。
でも、探せば探すほど、ご自身のいつもの口調で書かれたもの、何気ない日常でのエピソード…そんなオリジナルの文章が心に響くものなんだなぁと感じました。

披露宴最大の見せ場となる“花嫁の手紙”。
ご両親にとっては、どんな贈り物より、わが子の「ありがとう」のひと言が嬉しいのではないでしょうか。
だからなるべく起承転結とか、NGワードとか、文章量とかを意識せずに、自由に思いつくままを書いて欲しい。
ご両親が本当に聞きたいのは、『あなたならではの言葉とエピソード』です。
それがあれば、絶対に血の通った感動する“花嫁の手紙”になるはずです。

このページでは、そんなコンセプトにもとづき、実際に「両親への感謝状」をお作りいただいたお客様の作品をまとめて、文例集として掲載させていただきました。
あなたも、肩肘はらずリラックスして、自分の言葉で“花嫁の手紙”を書いてみませんか?


はじめに

やってよかったな〜♪…ホントそう思います。
もう何年も経つけれど、あの時を思い出すと、いまだに気分がいい。
われながら上出来だったと思う。

うなずいたり笑いながら聞いてくれた、主賓の人たち。
涙をためながら見送ってくれた友達。
むこうの親戚の人が「お願いしますね」って手をとったときは、
「やった〜!」って胸の中でガッツポーズだった。
そして、何より印象に残っているのは、今まで見たことのない両親の顔。
思わずこっちがもらい泣きした。

うちの母親は、自慢が大嫌いな性格だけど、結構近所の人たちにも見せたりして
話題の種にしていた。 多分、幼い頃の写真も入っていたし、便箋ではなく
本になっているから見せやすかったんだと思う。

今も、甥っ子や姪っ子の結婚式に呼ばれると、「読まなくていいから作りなさい」って
半ば強制的に「お仕立券」をプレゼントする。売ってくれるのは嬉しいけど、
もらった方はいい迷惑なんじゃないかと、こっちはハラハラする。

実は当時ホントのところ、恥ずかしくって絶対に人前で手紙なんか読みたくなかった。
わが家は思い出や感謝の言葉が溢れ出るほど、仲良し親子だったわけでもないし…。
でも、こういう仕事をしているだけに、もうやらなきゃ裏切り行為だろうという
脅迫めいた状況に後押しされた。

そんな私のつたない文章でも、きちんと「感謝の気持ち」は伝わった。
伝えることが大事なんだと思った。
そして今、母親になり、親の苦労がわかるたび、これまでの悪行をあの時少しでも
チャラにしといて良かったなーと、ホッとする。だって今度、面と向かってお礼できる時は
もう意識が遠のいている時かもしれないじゃない(ごめんね)。

そして、やはり新郎にも読んでほしい。自分が息子を産んだから、さらに強く願う。
私があの時、その場だけのはじらいで手紙を読むのをやめてたら、
結婚式の意味は半減していたと思う。二人の誓いより、指輪交換より、
ケーキカットより、両親への感謝状はずっと意味のある儀式だったと思う。

だから、もしあなたが手紙を書くことをためらっているとしたら、
少しでも筆をとる後押しになれれば光栄です。
「両親への感謝状」を作らなくても、結局手紙を読まないにしても、
ぜひ一度、書き方・文例集を参考にして、ご両親との思い出を振り返ってみませんか?

はじめに | 想い出の集め方 | 起承転結は気にしない | 練習、そして・・・本番! | 花嫁の手紙<文例集> | 花婿の手紙<文例集> | その他、商品のご案内